高値で買取してもらう|安心して取り引きができる不動産取り引きの基本|家に関する疑問解決
婦人

安心して取り引きができる不動産取り引きの基本|家に関する疑問解決

高値で買取してもらう

住宅

住宅ローンの支払いが滞おり、ローンが支払いきれなくなった場合金融機関は抵当権を行使して競売にかけこの代金により、融資金の回収を行います。この不動産競売は売却金額も低いため、不動産売却にかかる前の段階で債権者と債務者の合意にもとずいて第三者との間で売買をすることがあります。これを任意売却と呼びます。任意売却すると競売による落札見込金額より高値で落札されることが多くなります。以前は一度競売にかけた物件を親族等が入札して買い戻すという手法も取られてきました。デフレが長期化した今不動産は買入れした金額では売れなくなってしまいました。また地方では大きく担保割れしている物件も見受けられます。競売で安く落札されるよりも任意売却により高値で不動産を買い取ってもらうほうが債務者にとり今後の生活も楽になります。

競売にかけて不動産を売るとその落札金額は通常売買するより少なくなってしまいます。ローンを組んだ人は競売をしてもらいたくて競売をしてもらっているわけではなく、ローンの返済が滞おってしまったので、債権者から競売にかけられているわけです。デフレの時代が長く物件を買った金額での売却は難しいですが、任意売却をすれば競売よりも高く物件が売れ受託ローンの金額の圧縮が可能になります。その後の返済が任意売却による高値の落札でずいぶん楽になります。現在は競売にかかる前、債権者と相談し任意売却でローンの支払いを軽減される方も多くなっています。ローンの支払いに困ったとき、競売にかかる前、任意売却も一つの手段として考えてみるのもよいかと思います。